複数の借入先をまとめ、借金を一つにすること

おまとめローンって?

おまとめローンって?

◆ 抱えている借金を一本にする方法

色々な金融業者からお金を借りている人に是非お薦めなのが「おまとめローン」です。このおまとめローンと言うのは、抱えている借金を一本化にする方法の一つです。一本化にする事によって、毎月バラバラに返済をしていた借金がなくなるので、楽になりますよね。借金を一本化にしよう!と思っても簡単にいかないのがこのおまとめローンです。

実は、おまとめローンを利用する際は「審査」があります。この審査を通らなければ一本化は出来ません。そこで、おまとめローンを考えている人に是非読んで欲しいのがこの「審査」のポイントです。今回おまとめローンの審査のポイントについてご紹介したいと思います。おまとめローンを考えている人は是非参考にして下さいね。

審査のポイント

◆ 借入件数・事故情報・勤続年数

最初のポイントは「借入件数」です。実は審査でのポイントで重視されるのが借入金額よりもこの借入件数です。
例えば、A子さんが30万円を5社から借入れている場合と、B子さんが200万円を1社から借入れしている場合、どちらの方が、信用度が高いと思いますか?A子さんの方が、借入れ金額が少なくても複数社から借入れをしているという事は、返済実績がない為、1社から30万円を借入れる事が出来ない事が分かりますよね。

しかし、B子さんの場合は、1社から200万円を借入れる事が出来るという事は、返済実績がある為、それだけの金額を借りる事が出来る事が分かります。
B子さんの方が、借入れ金額が多くても借入れ件数が少ない為、B子さんの方がおまとめローンの審査が通りやすいと言う事になります。
借入れ件数が5社以上の場合は、審査が通らないと考えた方が良いでしょう。

二つ目のポイントは、「事故情報」です。事故情報と言うのは「3ヶ月以上の滞納」や「踏み倒し」、そして「債務整理」です。
事故情報は、5年から10年の間は保存されるのでその間、事故情報がある場合はおまとめローンの審査を通過するのは難しいでしょう。

三つ目のポイントは、「勤続年数」です。
勤続年数が長いという事は、安定した収入があるという事、その為、毎月決まった返済を行える事が分かりますよね。勤続年数が長いと審査には有利です。

毎月色々な金融業者から借金の催促がきますが、それを一本化する事が出来ます。
おまとめローンを申し込む前に、一度自分の借入れ件数を確認しておきましょう。
件数が多ければ審査には通りにくいという事です。
また、毎月の返済が厳しいと感じた人は、債務整理の手続きを行う事を、視野に入れる事をお薦めします。