債務整理の専門知識がない場合は注意

自分で行う債務整理について

自分で行う債務整理について

◆ 新しい人生のスタートが切れる

気がついたら借金の額が膨れ上がっており、返済の目処が立たない、又、自分が思っている金額以上を返済していかなければいけないと思った時、既に火の車になっている事でしょう。
そんな時に是非やって欲しい手続きがあります。
それが「債務整理」です。

債務整理という言葉聞いた事がある人も多いのではないでしょうか。
借金の額や状況によって行う債務整理は異なりますが、債務整理の手続きを行う事によって、借金の額が減ったり、また借金が全てゼロになります。
辛かった借金から解放される事もあるんですよ。
また、新しい人生のスタートが出来るのが債務整理です。

専門知識がない場合の注意点

◆ 費用は安いがリスクを伴う

そして、債務整理は、法律に詳しい弁護士や司法書士に頼らずに自分一人でも手続きを行う事が出来ます。

勿論、専門的な知識がない一般の人が債務整理の手続きを行う場合、リスクも伴います。
特に、自分一人でやろうといき込んだのは良いですが、結果何一つ出来ずに返って債務関係を壊してしまった、途中から弁護士や司法書士に依頼して余計に費用がかかったなんてケースもあります。
では、専門知識がない一般の人が債務整理の手続きを行う場合、一体どんな事に気をつければ良いのでしょうか。

実は、債務整理の手続きを自分で行っていくうちに、借金は全て返済してしまっているような気持ちになってしまいます。

実は、債務整理中も借金の返済は終わっていないという事を頭に入れておきましょう。/


また、債務整理の手続きをしたからといって、全ての返済において緩くなる訳ではありません。

勿論、自己破産の手続きをすれば借金の返済はなくなりますが、任意整理や民事再生などの債務整理の場合は債務整理が終わった後も、決められた額の返済をしていかなければいけません。

また、債務整理の手続きを行う上で必要なのが、債権者との「交渉」です。
交渉のやり方によっては手続きが長引く時もあります。 特に債権者が交渉する相手が専門知識のない人が相手だと思うと、強気な態度に出る場合や、また交渉に応じない場合もあります。

このように自分一人で債務整理の手続きをする場合は、交渉の必要な専門知識がない為、多少不利が生じます。

勿論、費用は安くすみますけどね。また、仕事をしながら債務整理の手続きを行うのは時間的にも無理があり、どこかで大きなミスをするかもしれません。
自分一人で行う債務整理は多少なりともリスクが伴うという事です。
弁護士や司法書士に依頼をする選択枠を常に持っておきましょうね。

自分で債務債務は大変そう。
専門家に任せたい。
そんな人は、安くて良心的な「アヴァンス法務事務所」に相談してみるとよいでしょう。
相談は無料で随時行っています。