自分で債務整理する前に

自分で債務整理をする前に

自分で債務整理をする前に

◆ 借金が減ったり、利子が戻ってくることも!

気がついたら自分が抱えている借金の返済に目処が立たない、また多く利子を払っており、一体幾ら借金が残っているのか把握したいと思っている人も多いのではないでしょうか。

そんな人にお薦めなのが債務整理です。債務整理と聞くとあまり良いイメージを抱かない人も多いですが、実は債務整理の手続きを行う事によって、借金の額が減った、また今まで多く払っていた利子が戻ってきたなんてケースもあります。

そこで、債務整理の手続きをしようと思った時に、果たして自分で債務整理の手続きは行う事が出来るのでしょうか。また、自分で行う際のメリット、デメリットについてご紹介したいと思います。是非参考にして下さいね。

自分で行う際のメリットとデメリット

◆ 専門家に依頼をする方が良い

債務整理の手続きは自分一人でも行う事が出来ます。しかし、自分で手続きをする上で大事な事は「手続きをしたからといって債務は完済していない」という事です。
債務整理の手続きをすれば、自分が抱えている債務がなくなる訳ではありません。手続きをしながら借金の返済はしていかなければいけないという事です。その為、仕事をしながら債務整理の手続きをしなければいけなく、中には仕事中に債権者から連絡が入る事もあり、電話口の話の内容によっては会社の人に借金をしている事を知られてしまうケースもあります。
また、仕事をしながら債務整理の手続きを行うという事はそれだけ疲労も伴い、疲労が原因で仕事のミスもしてしまうかもしれません。それでは致命傷ですよね。自分一人で債務整理の手続きをすれば費用は安く抑えられるメリットはありますが、デメリットの方が大きいという事です。

そこで、お薦めしたいのが費用はかかりますが法律に詳しい弁護士や司法書士に債務整理の依頼をする方が良いでしょう。特に専門家に依頼すると、今まで頻繁にあった取り立てが停止、また自分で行うより手続きが早急に終わるという事です。また、家族や会社の人などに内緒で債務整理の手続きが行えるメリットがあります。
中にはそれでも自分一人で債務整理の手続きを行いたいと思っている人もいるでしょう。そのような人は、一度法律事務所を訪れると良いでしょう。実は、殆どの法律事務所では無料で相談にのってくれます。専門家の知恵を借りて自分で債務整理の手続きを行う事も出来るので是非試してみて下さいね。

自分一人で債務整理の手続きは出来ますが、専門家に依頼をする選択もあるという事を理解しておきましょうね。