借金を減らす注意点

借金を減らそう

借金を減らそう

◆ 早く返済するための注意点

お金を金融業者から借りる時はその目の前の事にしか頭になく、その借りたお金に対して利子がつく事、そして、それを毎月返済していかなければいけないと言う事に気がついてない人が多いでしょう。多くの人が借りる事だけに一生懸命になっていますよね。しかし、実は毎月ちゃんと返済をしなければ借りたお金に対して利子が膨れ上がり、気がつけば元本が減らない借金を毎月返済していかなければなりません。

そこで、借金の返済をしていく中で幾つか注意するポイントがあります。今回はそのポイントについてご紹介したいと思います。是非、借金がなかなか減らない人は参考にして下さいね。

4つのポイント

◆ ケースごとにご紹介!

一つ目のポイントは、借金をしてしまったらとにかく1日でも早く返済をする事です。返済期間が短ければそれだけ利子が少なくて済むという事です。また、お金を借りる時に返済期間を長く設定しない事も重要です。また、お金に余裕がある月であれば、繰上げ返済や一括返済をしましょう。とにかく元本を減らす事が大事になります。

二つ目のポイントは、色々な金融業者からお金を借りている場合、それを一本化できる「おまとめローン」をしましょう。複数の金融業者から借り入れている場合、返済日も返済額もバラバラですよね。それでは、返済している本人も把握出来ず、また精神的にも落ち着かないでしょう。そこで、借金を一つにする事で、それらを解消する事が出来ますよね。また、一本化する事によって現在返済している利率より安くならないと意味がありません。一本化する際は、利率にも注意しましょうね。また、中には、一本化をしたい人を狙った悪徳金融業者もいるので注意をしましょう。

三つ目は、自分の借金が一体幾らあるのか把握するようにしましょう。毎月言われた額を返済していると、実は元本は幾らで利子は幾らというのが見えませんよね。そこで、自分の借金を見える形にしましょう。例えば、簡単な表を作ってそこに、借りた金額、返済額、元金残高を記入する事で、目で確認する事が出来、また返済までの道のりも把握出来ますよね。

四つ目のポイントは、長い間返済をしているのに、一向に元本は減らない場合は債務整理をするようにしましょう。実は長い間返済をしているという事は、借り入れ額が大きくなってしまい返済する事が不可能に近くなっています。その場合は、債務整理をする事によって借金を減らす事やまた過払い金が戻ってきたり、借金がゼロになったりするケースもあります。債務整理という言葉を聞くとあまり良いイメージがわかないかもしれませんが、新しい人生のスタートをきる第一歩だと考えるようにしましょう。